忍者ブログ
[279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269
-->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


なんだかんだで寝てないので、書けるところまで。

このMADは僕がやりたくても出来なかったことをほとんど詰め込んだつもり。
初のフルカラー。本スレにも自貼りしてみたし。何より雪歩がメイン。
僕は雪歩が好きだ。
でも踊らせていないし歌わせてもいない。
まして今までの作品で散々苦しめてきた。
本当に俺は雪歩が好きなのか。

雪歩が好きというPはたくさんいる。
別に争うとかそういうものではないのだし、僕は僕で僕の雪歩を愛でればいい話なのだ。
だけど、全然ダメだなって。思った。

某Pに対して僕は非常に怒りを覚えたのです。
これ、詳しく言うとかなりの確率で誰だか確定できてしまうので自粛しますが。
僕はプロデューサーになんかなれなくていい。
雪歩が幸せで笑っていればそれで良いんだ。

このMADにおいて一番怖かったことは、雪歩が絵描きに気付かないんじゃないかってこと。
一人でぽけっと座ってただめちゃくちゃな絵を描いている、絵描きなんて目にも止めないんじゃないかってこと。
どうしてこうなったのかわからない。
始めはオールスターで、雪歩がただ笑っていればそれで良かったんだ。

選曲理由もそこから。
朝起きて、お散歩に出かける雪歩を書きたかった。
いつもの僕なら、絵描きのポジションを真くんにしていたことだろう。
でも、気が変わった。
この辺は落ち着いてから書くことにする。
自分でもよくわからない。

モノクロの絵の時は、実は結構描けない部分をごまかしてます。
あとかっこつけてる。スッゲェ俺かっこつけてる。
だから疲れた。
だから雑でも良いからフルカラーに逃げた。

自分は、もっともっと雪歩を描きたかった。
原曲、6分あるんです。
でも、僕の貧相な発想力と画力と気力ではどうにもならなかった。

結局何がしたかったの。
やりたいことをやりました。
それだけ。

追記

みそか以降の作品はまるで自信がない。
或る街はそれなりにあるけれど、評価されなかったしもっと大物が来てたしで没。
あんまり評価云々は言いたくない。
僕の作品と僕の人間性も下がるから。
評価されるんじゃなくて、この作品はこういう見方も出来るよね、っていうのが欲しかったりする。
自分は物事を真っ正面からしか見られないから。
確かに数字は欲しい。
でもそれは今の自分から物凄く遠いことはわかっている。
だから評価じゃなくて言葉をください。
みたいな。

こういう何でか暗いことばかり書くのは、これでいいのかな、って言うのが大きいからだと思う。
常に不安なのです。
ニコマス作品において、たまに見るコメントがある。
「アイマスでやる必要はあるのか?」
これを言われるのが怖い。
自分は手書き系だから、もしかしたら遠いのかもしれないけれど。
アイドルを書きたい、っていうのが常にあるから。
今までので一番不安なのはkiller smile
でもリクエスト貰ったのは嬉しかった。喜んでくれたのなら僕はそれで良い。

僕は人に何か言われないと確信が持てません。
優柔不断。受け身。
Good morningでやりたかったことは、雪歩を導いてあげること。
でも僕は人を導ける人間じゃないから。
だからといって雪歩が導いてくれる訳じゃない。
一緒に歩いてやりたかったな。
なんでああなったんだ。

多分動き出すのが怖かったんでしょう。
あの絵描きは。
自分の好きなものを描いているだけで絵描きは幸せだったんですよ。
好きな人が笑っていればそれで嬉しかったんですよ。

二次元の人間の幸福を祈ってどうする。
そんな声が現実から聞こえる。
だからいつまで経っても僕はここでうろうろしているのです。
でも、切実なまでにそう願っている。
プログラムだとしても。まさしく偶像だとしても。



ここからは自作品全般のことについて

とりあえずやってみたいことが出来たらやる。
7月はそんな理由で動いていたような気がする。
せっかく自分でスピードスターだとかほざいておいて、実行しないのが嫌になった。
ここ最近の投稿ラッシュはそのせい。
でも作品としては荒くて短い。
いつからかなぁ、馬鹿丁寧な作品作ってやろうって思ったのは。
アフターダークが案外人に受けたから調子に乗ってたのかな。
恥ずかしい話だけど、初期の頃はランキングに入るのは楽だと思ってた。
でもそれがなかなか難しいことだってわかって、少しずつ投げやりになってた感はある。
多分或る街以降から。
これはいける、って思う自分とそれをすぐに否定する自分が嫌だ。
数字にこだわらない人間になりたいです。
無理かな。

そういえば、自分は下書きというものを全くしない人間です。
流れとかも書かない。
だから最初に思い描いていたものと全然違うものが出来るのか。
うーん、やっぱり最初に思いついたものを忠実にやった方が良いのかなぁ。
それが一貫して出来てたのって楓くらい?かな。
消された作品について言うと、ご新規さんに少しばかり申し訳ない。

気を抜いた作品を作りたくなるんですよね。
たとえば、或る街のあとに速攻で作った千早飛べなかったみたいな。
最近の作風って、ガチならガチ、ネタはネタで分けてる気がする。
別に意識してないけれど、変に肩肘張るから嫌だね。疲れる。

ちょっと手抜きしたい気分なので、かっちり作りたいアンダースタンドはもう少しかかるかも。
あ、アンダースタンドは最後まで一貫してる作品になると思う。
だからちゃんと描けるようになるまでじっと俺も待機。

美希の誕生日用に考えているやつもあるんだけれど、絶対無理だから、ゴメン。美希。
でも考えてたやつって、別に誕生日向けでもないから何か思いついたらやると思う。

今回みたいな画風でまたやりたい。フルカラー、深く考えたり凝らなければ楽。
・・・どうだろう。
受けが良ければやりたい、かな。

じゃあまた。長々とゴメンナサイ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
柏城
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
ニコマス
自己紹介:
アイマス紙芝居界のスピードスター(笑)
リンクはフリー。作風もフリーダム。
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[02/28 柏城]
[02/27 cha73]
[02/27 柏城]
[02/27 七夕]
[02/27 柏城]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]